Pythonで指定したディレクトリ配下のファイル一覧を取得する方法

指定したディレクトリ配下のファイル一覧を取得する方法を,osモジュールのlistdirメソッドとwalkメソッドを使用して3つ紹介します。

os.listdir 指定したディレクトリ配下のファイル一覧を取得

import os
import sys

if len(sys.argv) < 2:
  print("Usage: please set args(path)")
  sys.exit(1)

for f in os.listdir(sys.argv[1]):
  p = os.path.join(sys.argv[1], f)
  if os.path.isfile(p): # ファイルだけ抽出
    print(p)

os.listdir 指定したディレクトリ配下のファイル一覧を拡張子で絞り込んで取得

import os
import sys

if len(sys.argv) < 3:
  print("Usage: please set args(path, file-extension)")
  sys.exit(1)

for f in os.listdir(sys.argv[1]):
  p = os.path.join(sys.argv[1], f)
  if os.path.isfile(p) and f.endswith(sys.argv[2]): # 拡張子による抽出を追加
    print(p)

os.walk 指定したディレクトリ配下のサブディレクトリも含めてファイル一覧を取得

import os
import sys

if len(sys.argv) < 3:
  print("Usage: please set args(path, file-extension)")
  sys.exit(1)

for path, dirs, files in os.walk(sys.argv[1]):
  for f in files:
    if f.endswith(sys.argv[2]): # 拡張子で絞り込み
      print(os.path.join(path, f))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です