Pythonの組み込み型一覧と初期化方法まとめ

Pythonの組み込み型を下記の表にまとめました。

カテゴリ説明イテレータによる
アクセス
インデックスによる
アクセス
要素の追加
数値int整数
数値float浮動小数点
数値complex複素数
データstr文字列
データbytesバイナリデータ
コンテナlistリスト
コンテナtupleリスト×
コンテナdict辞書×
コンテナset集合×
論理値bool論理値
その他NoneType値なし

各組み込み型の初期化方法を下記にまとめました。(随時更新します。)

int

# a = 整数 or int(初期値)
# Example

a = 1
a = -1
a = int() # a => 0
a = int(-1)
a = int('2')

float

# a = 浮動小数点数 or float(初期値)
# Example

a = 1.0
a = -1.1
a = float() # a => 0.0
a = float(1) # a => 1.0
a = float(1.25)

complex

# a = 実部 + 虚部j or complex(実部, 虚部)
# Example

a = 1 + 1j
a = complex() # a => 0j
a = complex(1) # a => (1+0j)
a = complex(1,1)

str

# a = 文字列 or str(初期値)
# Example

a = ""
a = "hello"
a = str() # a => 空文字
a = str("hello")
a = str(10)

bytes

# a = b'バイト文字列' or bytes(初期値)
# Example

TODO:

list

TODO:

tuple

TODO:

dict

TODO:

set

TODO:

bool

TODO:

NoneType

TODO:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です